骨を作るグラフト治療

画像

インプラントを埋めるためには、十分な骨の厚みや幅が必要となります。そのため骨の厚みや高さが不足している場合には、骨増生法や骨移植を行う必要がありますが、この治療法は高度が技術が必要な場合が多く、行ってない医院では「インプラント治療はできない」と言われる場合があります。
しかし、このように断られた場合でも、他の高度な技術がある医院に相談してみると、ほとんどの症例でインプラント治療が可能な事が多いのです。

グラフト・インプラントの利点

画像

骨の厚みや幅、高さが不足し、痩せてしまっている部分でも骨を作りインプラント治療を行える。
前歯部においては骨移植・骨造成を行うことによってより審美性を向上できる。
当院では歯肉を切開しないフラップレスインプラントなど低侵襲で負担の少ない骨造成手術も可能です。
また、ケースによってはインプラント治療と同時に骨造成を行い手術回数を減らした術式も行っております。

骨が少ない場合の骨増生法・骨移植

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

上顎骨の内部にある大きな空洞(上顎洞)が様々な要因で拡大し、インプラントを埋めるのに必要な骨の高さが不足している場合に、上顎洞低を押し上げて自家骨(ご自身の骨)などを填入し、歯槽骨の高さを確保するという、非常に高度な技術を必要とする手術方法です。上顎洞底までの骨の高さが5mm未満の場合に適応します。

ソケットリフト(上顎洞底挙上術)

ソケットリフトとは、サイナスリフトと同様、上顎洞底挙上術ですが、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から上顎洞低を押し上げるので、傷口が小さくて済みます。上顎洞底までの骨の高さが5mm以上ある場合に適応できる方法です。

GBR(骨再生誘導法)

GBRとは、骨が不足している部分に、膜を用いて骨を形成するスペースを用意し、その中に骨の元になるものを詰めて骨の再生を促す治療法です。インプラント埋入手術前に行う場合と、インプラント埋入手術の際に同時に行われる場合があります。

ディストラクション(歯槽骨延長法)

歯槽骨の高さが不足している場合に、専用のインプラントを使って分割した骨を徐々に垂直に引き上げていくことで、その間に骨新生を誘導し、望まれる高さまで歯槽骨を移動させる治療法。

スプリットクレスト

歯槽骨の厚みが不足している場合に、ノミのような器具を骨の一番高い部分にくさびのように打ち込み、骨を横に押し広げ、広がってできた骨と骨の間にインプラントを埋め込む方法です。更にGBR法を併用して行う事もあります。

ボーングラフト(骨移植)

歯槽骨の厚みが不足している場合に、自家骨(ご自身の骨)などを用いて骨の厚みを補う手術です。歯槽骨の吸収が見られる部位に、移植骨のブロックを移植して固定する方法。

サイドメニュー

  • 当院のインプラン治療について
  • 安心インプラントの8つの理由
  • 1Dayインプラント
  • 審美インプラント
  • カジェットサージェリー
  • オーバーデンチャー
  • 骨を作るグラフト治療
  • スタッフ紹介
  • 医院案内・アクセス
Copyright © 木村歯科医院 KIMURA DENTAL OFFICE. All Rights Reserved.