オーバーデンチャー「入れ歯インプラント」

画像

入れ歯は、自身のアゴの形態に合っていないと骨が減ってしまい、痛くて噛めない、うまく話せないなどの症状が出てきます。
これは単に歯が無くなったから入れ歯にするといったことの弊害でもあります。 よく噛め、発音ができ、しっかり合う入れ歯は、自費の入れ歯となるのが一般的です。
また、入れ歯にすると様々な費用がかかってきます。これは、入れ歯を洗浄する洗浄剤の購入、洗浄する手間、メインテナンス時の調整費用など、余計な事柄が増えてきます。
当院では、自身の歯が生え揃っていた状態に戻す(機能性)と、見た目もキレイにする(審美性)を考慮し、インプラントによる入れ歯をおすすめしています。

オーバーデンチャーインプラント

画像

オーバーデンチャーによるインプラント治療とは、インプラントを2本埋入し、ボールアタッチメントを取り付けます。
それにより、入れ歯が横滑りする・回転する事を防ぎ安定して、お使い頂く事が出来る治療方法です。また、今まで通りご自身で入れ歯を外すことが出来るので、ご高齢の方でもきれいに清掃する事が出来ます。

オーバーデンチャーのメリット

画像

インプラントを2本と、アクリルの新義歯のみなので費用を抑えつつ、固定性の入れ歯を入れられます。
骨の状態が良好であれば、インプラントを埋入した当日に義歯と固定することが可能です。
術前のコンピューターシュミレートにより切開もほとんど行わないので腫れや痛みを感じる事もほとんどありません。

ボールタイプオーバーデンチャー

オーバーデンチャーの中でボールタイプのものをボールアバットメントといいます。このボールアバットメントはオーバーデンチャーの中の1つの方法です。
インプラントの先のヘッドの部分が丸いボール形状になっており、入れ歯側に特殊な金具を付け、インプラントと入れ歯の部分をはめ込み連結させて固定します。
このボールアバットメントによるインプラント入れ歯は、ご自身でも簡単に取り外しができます。

バータイプオーバーデンチャー

バータイプによるオーバーデンチャーは、インプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込む金具を付け、インプラントと入れ歯を固定します。
これは、ご自身でも容易に取り外しができない程の固定となるので、強固に入れ歯と連結できます。
その他、磁石を使用して入れ歯を固定する方法もあります。
オーバーデンチャーは、最低2本のインプラントで行うインプラント入れ歯です。使用するインプラント本数も少なく済むため、経済的にも優れた手法となります。

サイドメニュー

  • 当院のインプラン治療について
  • 安心インプラントの8つの理由
  • 1Dayインプラント
  • 審美インプラント
  • カジェットサージェリー
  • オーバーデンチャー
  • 骨を作るグラフト治療
  • スタッフ紹介
  • 医院案内・アクセス
Copyright © 木村歯科医院 KIMURA DENTAL OFFICE. All Rights Reserved.